株式会社オオツカ

オオツカ福祉用具

車いすが快適に使用できるには   ~オオツカ福祉用具

HP-001

車いすは日常生活や社会生活において、自分で歩くことができない方々の『座位姿勢の保持』や『移動手段』として利用する生活用具です。

現在、医療関係や介護関係での車いすは、大半が『椅子代わり』として使用されています。車いすの種類は標準型タイプが多く、調整機能がほどんどありません。

車いす利用者の姿勢は、身体が横に傾くずり下がる、前かがみになる・・・といった不良な座位姿勢になっているのが現状です。

HP-002

車いすに調整機能がある・なしに関わらず、これらを改善するために出来るところから行っていきます。その一つが『シーティング』です。

HP-003

シーティングとは、クッションなどを活用して座位姿勢を安全・快適にする支援技術です。車いすの座面は、たたむことを目的に開発されたスリングシートなので、7cmくらいたわんでいる商品もあります。 これを水平に近づけるため、タオルを敷いたりクッション性のある素材(100均でOK)を加工して、クッション下地にします。

HP-004

これらの調整を行うためには、身体寸法&車いすの寸法の測定が重要です。

身体寸法 お尻の一番広い幅・お尻の後ろからヒザ裏まで・座面から肘まで
足裏からヒザ裏まで・座面から脇の下まで​
車いすの寸法 シート幅&奥行・前&後座高・座角度・たわみ

これらを考慮して調整を行う事により、快適に使用できる車いすに生まれ変わります。

福祉用具について、何かご相談がございましたら下記までご連絡ください。

オオツカ福祉用具貸与事業所
担当  永家 雅司
TEL(052)791-1903
FAX(052)791-1907